USCPAで挫折しないために

さてこれまでの記事を読んでUSCPAやってみよう!と思われている方、本当に素晴らしいと思います。今の自分に満足せず人生のステージを変えようとする気持ちは本当にかけがえのないものだと思います。

やるからには全科目合格!皆さんそう思われているに違いありません。

決して脅すつもりではありませんが、USCPAは最後まで走りきれない人が多いのも事実。これはどの資格でも言えることですが、誰でも勉強はスタートできます。専門学校に行って申込書を書いて、数十万払えばスタートラインに着くことはできます。申し込んだ直後はやる気に満ち溢れています。

ただテキストが段ボールに入ってどさっと届いて数ページを開いた瞬間に現実がやってきます。「これ無理じゃね?」という気持ちや、自分の勉強に集中の出来なさ、仕事の忙しさなど、たくさんの障害がやってきます。

私もUSCPAの勉強を始めた時にインスタグラムでたくさんの仲間を作ろうとお友達を増やしていきましたが、最後まで走り切った人は数えられる程度でした。これはUSCPAだけに言えることではありませんが、本当の「合格率」というのは専門学校に申し込んだ人の中から何名が全科目合格まで漕ぎつけただと思っています。そう考えると全科目合格する人は世の中で言われている合格率よりだいぶ低いものと想像できます。

今このブログを見られている方でお金がたくさんあって数十万円なんてはした金よ、と思っている人なら気軽に申し込んでも良いかもしれませんが、そんな人ほとんどいないと思います。数十万円の時間と1,000時間を超える勉強、勉強の代わりにできていたことを犠牲する覚悟、それがなければ始めない方が良いと思います。

それでも現実を変えたい、どんなことがあっても何が何でも最後まで走り切る、強い覚悟をもった人だけが全科目合格にたどり着きます。

その結果、私は150万円というお金、1500時間を超える勉強時間を代価として支払い全科目合格、監査法人への転職を掴み取りました。

USCPAの講座に申し込む前になぜUSCPAなのか?なぜ公認会計士ではダメなのか?なぜ税理士じゃダメなのか?なぜ簿記1級ではダメなのか?最後まで走り切るモチベーションを明確にしてから走り出しましょう。〇〇だから私はUSCPAを勉強するんだ!そう言い切れる方は専門学校に申し込みましょうね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

USCPA取得のメリット